CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ピアノ教室ナビ
有限会社コネック
MOBILE
qrcode
LINKS
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
PR

福岡市博多区バイリンガルピアノ教室

英語とピアノを習いませんか?
現在3歳から60歳まで幅広く教えています。
バイリンガルキッズ・初心者も大歓迎!
レッスン詳細はページ左下のgumiをクリックして
ご覧ください♪
bilingualpianostuiomaya@gmail.com

<< おすすめの映画2012夏! | main | Pamela Mann: この秋タイツがアツイ!!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    岡崎くんの研究発表:水中生物にとっての音
    0























      九州大学大学院でこれまた珍しい水中の生物音を研究をしている岡崎くんの


      workshop/研究発表会に先日、行ってきた。



      誰もがポータブル録音機でいつでもどこでも録音できるような、


      いわゆる世俗的でカジュアルなフィールドレコーディングをしている


      お遊戯的実験とは全く異なり(私ww!)、


      水中に潜む生物とそれらが発する音との因果関係。


      そして、それがどう私たちの生活に照らし合わさっているかというSequence


      を辿るために費やした労力と時間は半端なさそうだった。


      内心、彼の研究にワクワクしながらきいていたが、


      それはそれは私にとって未知の見解ばかりだった。




      海中の生物は大きく2つに分けて音を発する生物(エビやカニなどの節足動物と


      脊椎動物)と何も発しない生物に分けられるそうだが、


      オランダの古生物学者ヒーラット・ヴァーメイがあるとき


      「なぜ、貝は音を出さない?」


      と不思議に思い、徹底的に調べ上げた。


      ヒーラット・ヴァーメイ[1]( Geerat J. Vermeij1946年 - )は、
      オランダ生まれの古生物学者で、カリフォルニア大学デービス校地質学教授
      3歳で失明したが、9歳のとき一家でアメリカに移住し、
      10歳で科学者になると志を立てた。
      プリンストン大学で、ロバート・マッカーサーの指導を受ける[2]
      1968年にプリンストン大学を卒業し、1971年にはイェール大学から
      生物学
      と地質学の博士号を授与された。メリーランド大学を経て、
      カリフォルニア大学へ移った。

      進化生物学、古生物学の立場から、海生軟体動物(特に貝類)の化石生体を研究している。
      1980年代には、中生代の海洋において捕食圧が高まったことに注目し、
      捕食者と被食者それぞれが攻撃と防御の能力を高め、
      適応戦略が高度になる共進化過程をたどるとするエスカレーション仮説(Escalation hypothesis)[3]について論文を書き始めた。
      1992年にはマッカーサー・フェロー賞(MacArthur Fellowship)を受賞している[4]




      そんな彼の着眼点は音を発する生物のメリット・デメリットの有無。


      たとえば、さめは海中生物の中でも視力はけして良くないほうだが


      彼らの聴力は研ぎ澄まされている。と岡崎くんは言う。


      数キロ離れたところに溺れかけているダイバーや魚がいても


      彼らの「音」をすぐさま聴き分けれる能力を保持しているのだ。




      貝などの音を発さない生物もジッと音を聴いている。



      その聴力はいくらかのものか私には想像できないが、


      人間よりか遥かに優れているのは事実だろう。



      岡崎くんいわく、ヒドロ虫という生物は5ヘルツ以上を超音波と受け取るらしい。


      確か手を叩いた音の振動数が5ヘルツくらいと言っていたから


      それ以上の音は彼らにとっては超音波なんだ。なんて思うと


      一瞬にして、世界が全く違うものに見えてくる。




      不思議だ。






      他にも月の満ち欠け(潮の満ち引き)をその圧力で聴き分け、


      生殖活動する生き物もいたりする。彼らにとっての時間感覚は


      人間よりかは遥かに遅い。



      人間中心に生きるこの世でこんなことを考えることはなかなかない。




      ワークショップは最後にJohn T Bullittというearth soundというアルバムを


      聴いて終了した。



      彼いわく、johnはゆっくりとした地球のあらゆる振動を長時間掛けて、


      録音し、編集して引き伸ばしそれで出来たのがこのアルバムだそうだ。


      岡崎くんも研究だけに納まらず、ぜひ音響系アーティストとしてCD出してほしい!



      micro listening から macro listeningへ。



      久しぶりに素晴らしい発表会だった。

      (その他の研究発表も行きたかったが惜しくもレッスンで行けず・・・・・号泣)


      非常にためになった。





      ありがとう!!



















      | 雑学 | 09:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:36 | - | - | - | - |
        コメント
        わ〜!わたし、唯一見逃したのが岡崎君の発表会だったのデスー。
        でもめぐみさんのレポート読んですっかり行った気になれました(笑)
        あ〜もう一回やってくれないかあ(笑)
        あ、アジサカさんの展覧会最終日に私も行きました〜。
        みちこです☆ | 2012/07/30 4:07 PM
        みちこしゃん!そうなんです!
        ワークショップ面白かったんです!
        海中生物は人間より遥かに賢いです(*≧m≦*)
        gumi | 2012/07/30 8:10 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://gep.jugem.jp/trackback/566
        トラックバック