CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ピアノ教室ナビ
有限会社コネック
MOBILE
qrcode
LINKS
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
PR

福岡市博多区バイリンガルピアノ教室

英語とピアノを習いませんか?
現在3歳から60歳まで幅広く教えています。
バイリンガルキッズ・初心者も大歓迎!
レッスン詳細はページ左下のgumiをクリックして
ご覧ください♪
bilingualpianostuiomaya@gmail.com

箱崎千年現代音楽祭:12月23日
0
    今年最後のコンサート!

    第三回箱崎千年現代音楽祭の旗揚げ

    公演が、12月23日19:00pmより

    箱崎水族館喫茶室にてあります!

    その公演に参加する私!

    昨日はレッスンの前にリハーサルが

    ありました!アメリカの現代作曲家

    ジョンケージの歌と打楽器(ピアノで)

    作品、


    the wonderful widow of eighteen springs

    「18回目の春を迎えた未亡人」




    flowerをシンガーの松石京子さんと


    演奏します!あとは、ケージの


    トイピアノの為の組曲やバニータ

    マーカスのSUGAR CUBES....


    藤枝守の植物文様第22集

    アンサンブルバーションなどなど、

    今年の締めくくりに相応しい

    コンサートとなりそうです〜




    おまけに、ピアノを打楽器として

    使用する曲で、叩きすぎて

    左手が打撲しました.......ww














    その後、大慌てで忘年会に直行!




    ピアノの先生たちとワイワイ!


    ガヤガヤ!


    楽しすぎましたが、警固あたりで

    チャリを盗まれ、おまけに

    乗り捨てされたのを見つけたと

    思いきや、前輪のタイヤの

    空気を思いっきり抜かれ栓をどこか

    に捨てられたという、、、ガーン!!


    な出来事も、オチで。。



    悪質な犯罪ですヨネ!

    警固あたりはチャリの盗難が多いそう

    なので、みなさんも気をつけて

    ください〜


    話が一転しましたが、

    23日みなさんにお会いできるのを

    楽しみにしてますょん!


    乞うご期待!!!!!









    | Megumi's recitals & shows | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Gumi Shibata plays Feldman PLUS vol.2
    0
      人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ





      人気ブログランキングへ




      人気ブログランキングへ  

      I performed for Feldman PLUS vol.2, one of my piano recitals

      that ive been working on since last fall, 2011.

      my selection is always based upon my favorite compositions

      especially in a genre of american new contemporary music.


      In this time, i had chosen Feldman's two piano piece called

      Intermission 6 (1953) and his solo piece, Piano Piece (1952)

      on top of the other pieces such as Nunataks (2007) by John L Adams

      (i heart his tremors of earth- like-sounds!!), Nikolai Kapusutin's

      Paraphrase on Dizzy Gillespie's Manteca for Two Piano Op.129 (-),

      and Piano Phase (1967) by Steve Reich which brought me and Chieko

      into the invisible hidden moments surrounded by chaotic sounds turning

      into almost like silences that hold 'Emptyness' as Zen. 


      one of the reaons why im very keen to those american composers

      is that their music is connected to their lives themselves.


      Not too demanding on your EGO into their music, they would rather

      involve themselves on the others such as the environment that surrounds

      like Alvin Curran and try to find yourself from that, not from yourself. your

      EGO.


      the ways they compose are their ideal life. its all connected and one day

      it becomes ONE. a gigantic bubble like soul and even an aura that protects

      you from any hard times that might happen in your later life.

      the way you think the way you live will help you and others.







      「無」から「位相」

      奮い立つ音の乱舞。


      去年から開始した私のアメリカ現代音楽を紹介するコンサートシリーズ

      「フェルドマン プラス」 フェルドマンとは私が絶対的に尊敬しているアメリカ現代作曲家

      (もう亡くなりましたが)の名前でそれにプラスして、他の音楽も御紹介しますという

      企画なのです。その2回目を今回は東京のピアニストの友人である

      菊池智恵子さんをお呼びし、ついこの前の10月7日に演奏しました。





      根本的に、非常に哲学的な要素を含むアメリカ現代音楽を私は好むその理由。

      それは、音楽の中に私が理想とする人生をも映し出せるから。

      言葉ではなかなかうまく話せませんが、西洋だったり、ポップスだったり芸術の中に

      ひたすら自我が植えつけられていく(きた)過去や現在。そんな中、むしろ

      我にとらわれず、「今」という時の流れやそれを取り巻く環境に自分自身を置き

      そこから芸術を生み出す。Alvin Curranのような、

      そんな方法=生き方で自分自身の音を模索する芸術家たちがアメリカには

      多いような気がしてならないのです。

      人生観=音楽観=自分と、そこには自分自身の確立に

      導かれるごとく彼らの音楽がそこに存在しているのです。







      というわけで、



      先日のコンサートの様子をここから垣間見れます〜♪



















      人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




      人気ブログランキングへ




      地域ブログタグ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
      にほんブログ村



      福岡市情報 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
      にほんブログ村
      | Megumi's recitals & shows | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      テリーライリーIN C@多次元ホール 2012 Oct 28th
      0






        日曜日は九州大学多次元ホールにて、ミニマリズムの教祖であるアメリカ人作曲家


        テリーライリーの「In C」=そのまま訳すと「ハ長調」。ですが、


        それだけでなく、「同調して」などという社会的な意味合いも


        含まれているだろうという傑作を演奏致しました。









        去年の12月22日の九大研究室発表会にゲスト参加させてもらって以来の


        ヤマハちゃんとの再会を果たしました。



        そしてなんといっても、このホールの天まで届きそうな残響感。



        音響学を学ぶ九大生にはたまらないだろうなぁ〜いいなぁ〜なぁ〜


        なんて思いながら、演奏前最後のリハーサル開始。








        きょろきょろ楽器たちを眺めていたら、

        こんな楽器と対面しました。



        今までみたこともないこの楽器は「スティールパン」というらしく

        ちゃぁ〜んと、叩く場所によって音程が定められているのです。


        その音といったら、宝を運ぶ白雪姫の小人のようで、

        なんて、可愛いらしいこと♪







        私自身INCを演奏するのはこれで、3回目ですが、今回は嬉しいことに

        もう一台ピアノの子が参加してくれました。


        ピアノ同士の音の交じり合いも良かった!




        みんなで円陣を組む形で演奏しました。

        みんながみんなの演奏する姿が見れるほうが、音の飛びも違うみたい。


        演奏者が凝り固まって、ガチガチにならないように

        余裕をもって配置しました。




        このピアノ。タッチは以外に軽いイメージがあったのだけど、全く反対で


        硬くて私好みでした。イスがいつも斜めでそれだけがやはり、ネックだったけど


        イスさえ治せば、今度来福する現代音楽専門のピアニスト高橋アキ」さんだって

        満足してくれるかもしれません。


        そうです。12月1日、2日は高橋アキさんがこのピアノでジョン・ケージを演奏してくれる

        のですよ〜10年来の来福だそうで、とても貴重なコンサートになりそうです!



        (最近の一押し、絶対行きます、コンサートNO1)





        この演奏会の企画はもともと九州大学の藤枝研究室のゆかちゃんという


        これまた気さくで個性的で面白い子の研究の一環で行ったコンサートでした。


        INCはハ長調という意味合いですが、53個の短い単一なフレーズを演奏者たちが


        1フレーズにつき、45秒から1分半引き続け、そして次の定められたフレーズに移行する


        という即興的でありながら、そうではなく、ひとりひとりの演奏者が確実に自立し


        まわりの音に惑わされずに自己を確立していき、その個々が他人と混ざり合っていくという


        非常に社会的で人情味のある曲であります。人はひとりでは生きられない。でも


        依存しすぎてはならない。共依存しすぎてもいけない。反対に孤立しすぎていても


        人は成長できないのである。



        そんな隠れたメッセージが込められており、自分のフレーズを弾いている最中も


        周りの音やパルスに耳を傾け、それらがどう発展していっているかをちゃんと見極めながら


        自分の音で反応する。それが同調し、拡大していく。



        人生のような大曲でありました。











        折角録画しましたので、私の名義でアップしていますが、


        ミクロコスモス・・・・宇宙的な私たちの演奏をよろしければご清聴ください。


        演奏時間は合計で1時間6分でした。(終わる時間も勿論定められていません)


        自然にはじまり、自然に終わる。



        貴重な体験をどうもありがとう!!!




        | Megumi's recitals & shows | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        GUMI大忙し≡┏|*´・Д・|┛
        0
          先週24日は福岡女学院天神サテライト

          にて、子供英会話の講座を開きまし

          た!9月からの3ヶ月の間、4歳から

          小学生低学年を対象に月に3回

          子供達の感性を磨きながら

          楽しくレッスンするのです。


          日本の教育指導形態は非常に

          受動的なのが、ちょっとネック。。


          講師→生徒という盲目の境界線を

          誇示するべく、そのヒエラルキーに

          身を委ねすぎの講師も少なくない。



          私が講師だ!私のいうことは

          聞きなさい。世界的にみてもそんな

          こじつけな一方的授業は、どこに

          いっても通用しない。



          講師とは何か!講師だからこそ

          生徒の身になって、生徒たちと

          同じ発見をし、同じ立場から

          ものをみる。



          小さい子にとっては、

          ちょっとしたことも

          たいそうな出来事なんだ!


          毎日が発見なんだ!


          そういう幼心と私たち成人が

          忘れがちなこと気持ちを

          大切にしていきたい!









          天神サテライトが入るビル内情景。







          そういえば、またまたRちゃんの

          お母様から夏休みの旅行の

          お土産をいただきました!





          広島のお土産凄く美味しかったです(*≧pq≦)


          いつもありがとうございます〜


          皆さんに助けられ

          涙がちょちょぎれる日々。


          幸せの証拠。



          (*≧艸≦)
























          | Megumi's recitals & shows | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          june 14th tomorrow night!
          0
            明日の夜、福岡市東区箱崎の

            筥崎水族館喫茶室にて19pmより

            アメリカ現代作曲家、テリーライリー

            のIN Cを公開演奏いたします!


            入場料は500円でドリンク付です。


            ご都合あいましたら

            お気軽に聴きにきてくださいね!


            なかなか日本では、聴けない


            アンサンブル曲です。


            ちなみにこの曲は今週土曜日


            2012年6月16日にも

            朝11時半より北九州市立美術館にて

            無料コンサートをいたします!


            宜しければ、こちらもどうぞ!





            | Megumi's recitals & shows | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            GUMI SHIBATA second album released!
            0



              イタリアのレーベルから

              アンビエントドローン(音響系)

              ノイズのセカンドアルバムを

              出させていただきました。









              カバーの絵は今回は絵画をしている


              母に頼みました(((o(*゚▽゚*)o)))


              日本では販売はされませんが


              私の手元にやってくるので、


              ご興味おありの方は下記アドレスまで


              ご連絡ください。


              my second solo album was released


              from a lip infection label in italy.



              if interested, feel free to email me.

              gumienglishpiano@hotmail.co.jp






              | Megumi's recitals & shows | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              レア!必見!現代音楽:テリーライリー作曲のIN Cが今日福岡で聴ける!!
              0
                にほんブログ村 音楽ブログへ
                にほんブログ村  





                是非お越しください。

                日時:2011年11月20日16時開演(15時半開場)

                場所:九州大学箱崎キャンパスの知能機械工場

                チケット:当日でも入れます:2000円(大人)1000円(学生)




















                にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
                にほんブログ村


                にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
                にほんブログ村
                | Megumi's recitals & shows | 09:52 | comments(0) | - | - | - |
                The spirit journey with dance
                0
                   

                  i had a very precious time with Mr. Iwashita, the ex dancer

                  at Sankaijyuku last night. we started off with the quiet

                  but fierce sounds of the dry yet historical diatomaceous stones that were 

                  derived from the plant plankton back in 12000,000 years ago.


                  Mr. Iwashita stepped out of with his inner souls filled with 

                  unsystematic energies, which moved my emotions moment by moment.

                  Then, i realized that we were all flowing on the same orbit, breathing

                  in and out to the perpetually dark but transparent like crystal-sky.


                  we generated the artistic base that brings you to another world.


                  111115_171718.jpg



                  111115_171949.jpg


                  111115_172117.jpg



                  111115_172136.jpg


                  111115_175126.jpg



                  111115_175138.jpg


                  111115_175220.jpg






                  Another world with two moons in the sky.



                  for only those can see it.






                   
                  | Megumi's recitals & shows | 18:51 | comments(0) | - | - | - |