CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ピアノ教室ナビ
有限会社コネック
MOBILE
qrcode
LINKS
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
PR

福岡市博多区バイリンガルピアノ教室

英語とピアノを習いませんか?
現在3歳から60歳まで幅広く教えています。
バイリンガルキッズ・初心者も大歓迎!
レッスン詳細はページ左下のgumiをクリックして
ご覧ください♪
bilingualpianostuiomaya@gmail.com

人類学者の永沢哲さんのワークショップ
0


    2013年11月30日

    前回も出席致しましたが今回は

    この前座にて去年ご一緒した

    ボーカリストの松石京子さんと

    ビンテージフェンダーズピアノで

    藤枝守さんの般若心経を演奏

    致します。


    ワークショップもとても興味深い

    内容ですので、ドシドシご応募く

    ださい。


    30th Nov, 2013

    im going to perform Hannya Shinkyo translated by Ito Hiromi and composed by Mamoru Fujieda @ the Workshop held by Hisatune hospital which invited
    versatile anthoropologist, Tetsu
    Nagasawa who trained Tibet Meditation in Tibet for years.

    please come out and check us/him
    out. entrance: 2000yen

    contact above:



    他にもこんなのも今、やっている

    ようですょ〜

    invitationが届きました〜


    | コンサート・ライブ告知 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    燃えあがる緑: リハーサル@もも庵
    0



      こんばんは。


      昨日はレッスンをして、そのあと

      来週のダンサーとのコラボコンサート

      のリハーサルに車を飛ばして

      きました。





      彼女とのコラボは面白い。

      帰宅し撮ったビデオを観察すると...


      やはり、何かが足りん。


      私にもダンサーにももっと

      緊張感とグツグツと煮え返る

      エネルギーが足りん!!





      何事もそうだが、

      やるなら本気でやれ。


      死ぬ覚悟で飛び込んでいかなきゃ

      うーん.....


      結果なんて、出ないよね。





      そのお陰で、今週は色々と

      また新たな課題に挑戦できそうだ。








      2013年8月31日開演:16pm
      場所: ギャラリーもも庵

      地下鉄箱崎宮前駅から歩いて8分
      箱崎宮の目の前です!


      革新的アメリカ現代音楽専門の

      私と、私の今までのコンサートに

      よく来てくれていたダンサー平山等子

      との念願のコラボレーション。


      お互い絵も描くので即興ドローイング

      もあります。













      生徒のみなさん!お子さんは小学生

      以下、無料なので、是非来てね!


      大人は2000円です。



      | コンサート・ライブ告知 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      コンテンポラリーエイブルダンス: 2013 7/14 15pm @ 福岡市立少年文化会館
      0
        コンテンポラリーダンス集団

        「ワレワレワークス」の皆さんと

        これから今日本番のゲネプロに

        むかってます。

        Contemporary Able-Dance
        July 14th sunday
        start @ 15pm @ Fukuoka shiritsu
        Shounen Bunka kaikan

        アフリカンドラムの松尾先生と

        音楽を担当させて頂きます。














        昨夜、あまりにも身体が凝っていたの

        で、マッサージに行ってきました。


        そのお陰でぐっすり快眠!

        今日の本番も気合めちゃめちゃ

        入ってマス!






        それでは、みなさん本番にて〜!

        アディオス。

        | コンサート・ライブ告知 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ガムラン般若心経
        0


          亡きアメリカ現代作曲家

          ルーハリソンの作品と

          藤枝守の歌付け般若心経.....etc

          をパラグナ・グループが演奏します!



          ルーハリソンとは.....

          以下、抜粋致しました。



          ポータル クラシック音楽

          ルー・シルヴァー・ハリソン (Lou

          Silver Harrison、1917年5月14日-

          2003年2月2日)は、アメリカの

          現代音楽の作曲家。

          オレゴン州ポートランド出身。

          世界中の民俗音楽を参照して

          出来上がる、一種のワールド

          ミュージックに近い性質を

          持った作曲活動を行った。

          12音技法で作曲したチェロと

          ハープの為の組曲も佳品では

          あるが、後にこの技法への

          敵意は凄まじいものとなった。

          『太平洋のロンド』では

          フィナーレに12音技法を配し、

          この技法が世界の調和を

          破るものとして用いられる。


          ジョン・ケージとも共同作曲

          をするほど仲が良かったものの、

          ハリソンの楽天的な性格が

          ケージの厭世的な性格と

          合わなくなり、最終的には

          決裂する。

          ハリソンが晩年まで情熱を

          傾けた物が音律である。

          世界の様々な音律に詳しかった

          彼は、世界の楽器を調律

          しなおす創作へ徐々に傾斜してゆく。

          最も有名なのはジャワ・ガムラン

          だが、韓国の伝統楽器も

          調律しなおして作曲しており、

          芸風の幅は広い。

          舞台上のアップライトピアノを、

          自ら調律バーを持って聴衆の前

          で様々に違った調律の音階を

          聞かせるなど、聴衆の耳の

          覚醒すらも狙っていた。

          現代音楽の保守的な空気を嫌い、

          その既成下に置かれない

          演奏家との活動をよしとした。

          最も有名なのはキース・

          ジャレットとの活動であろう。

          エスペラントによる声楽作品も

          多く残しており(勿論、

          ハリソン自身がエスペラン

          ティストでもあった)、

          特に般若心経のエスペラント

          訳によるアメリカン・ガムランと

          合唱のための"La Koro Sutro"が

          有名。

          2003年、ハリソンの音楽が

          単独で祝われるフェスティバル

          へ向かう途中、インディアナ州

          ラファイエットのデニーズの

          レストランで心臓発作で倒れ、

          亡くなった。









          http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B000AQUMEI

          今尚、活躍中の藤枝守さんの

          作品はアマゾンからも購入出来ます。



          代表される植物文様シリーズは

          私も数年前から演奏させて頂いて

          いますが、自然と人間の究極な融合

          をイメージ化した作品だと私は

          思ってます。


          以下、藤枝さんのHPより抜粋

          いたします。


          「植物文様」という作曲シリーズを

          始めるきっかけとなったのは、

          植物研究家で園芸作家の

          銅金裕司さんとの

          コラボレーションでした。

          銅金さんは、植物を観察する

          ひとつの手立てとして

          「プラントロン」という装置を

          考案しましたが、

          この装置は、葉の表面に電極を

          付着させて植物の電位変化を取りだ

          し、その電位変化をコンピュータに

          解析させて、図像や音響の

          シークエンスに変換するという

          機能をもっています。


          そして、この装置を介して、

          植物の状態や環境との関わりを

          リアルタイムに知ることができます。
           

          この「プラントロン」を使って、

          銅金さんとともに植物による

          サウンド・インスタレーションを

          数多く行なってきましたが、

          あるとき、植物が置かれた

          ギャラリーに長い間たたずみ、

          植物の電位変化による音の

          連なりに耳を傾けていると、

          独特のカーヴを描くメロディック

          なパターンを聴きだすことが

          できました。そして、この

          電位変化のなかに、耳に残る

          ような美しくメロディが

          ひそんでいるかもしれないと

          直感したのです。

          さっそく、音楽データとして

          記録された植物の電位変化に

          基づく作曲プログラムを

          MAXというコンピュータ言語で

          作成し、電位変化からメロディ

          をみいだす作業が始まりました。

          そのとき、音律という存在が

          メロディをみいだすために

          重要な役割を担うであろうと

          思ったのですが、このことは、

          ルー・ハリソンの音楽からの

          教えでした。

          つまり、ピタゴラス音律や純正調、

          さらには、ウェル・テンペラメント

          のような不等分音律では、

          音階を構成する音程が微妙に

          異なり、また、純正音程の存在

          によって響きに独特な色合いが

          生じます。

          このような音程の微妙な偏差や

          協和性がメロディをみいだすうえで

          大きな活力となるように

          思えたのです。

           植物の電位変化のデータを

          再生しながら、作曲プログラム

          にさまざまの値を与え、

          注意深く調律されたシンセサイザー

          からの音響結果を何度も

          辛抱づよく聴き、自分自身の

          耳をたよりにメロディを

          みいだしていく。そして、

          みいだされたメロディを集めて、

          それらを即興的にレイアウト

          しながら、ひとつの小曲をつくり、

          さらに四曲のセットにして、

          ひとつの曲集とする。


          このような作曲の方法を三、

          四年間続け、曲集も12を

          数えるようになりました。

          (ちなみに今では23集まであります)


          このような作曲の過程で、

          ケルトの装飾美術にみられる

          文様をたえず意識しました。

          枝葉を原型とするような渦巻きや

          曲線が反復されながら重なり合い、

          表層的な世界が生み出されている

          ケルトの文様のように、

          植物からみいだされたメロディが

          装飾的な音のかたちとなって

          絡み合うような音楽。


          「植物文様」というタイトルも、

          僕自身のケルト美術に対する

          オマージュをあらわしています。



          このコンサートは必見です!


          乞うご期待!!!!



          | コンサート・ライブ告知 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ワレワレワークス2013年7月14日@少年科学文化会館
          0



            今晩は。

            昨日は朝から、箱崎ふ頭の方へ

            車を飛ばし、そのあと区役所に

            GO! 用事を済ませ、レッスンへ〜


            そして、今日はレッスンあと、

            7/14のダンスコンサートの

            イベントの打ち合わせ&顔合わせ

            にいってきました。




            直感ですが、私の好きな

            アメリカ現代作曲家のSTEVE REICH

            のVERMONT COUNTERPOINTと

            いうフルートとテープの為の作品を

            少しインプロ演奏してみたりと......


            面白い案が飛び交い、

            とても楽しみになってきました。


            2013年7/14 @少年科学文化会館
            in 福岡市

            ダンスカンパニー
            ワレワレワークスのイベントで

            私はキーボードで参加させて

            頂きます〜(o^^o)


            乞うご期待です!






            | コンサート・ライブ告知 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あれも、これも演劇!
            0


              今日は7月に私がキーボードを担当

              させて頂きます、ダンスカンパニー、

              ワレワレワークスさんの

              練習に顔を出してきましたーッ!


              みんな太陽のような人たちばっかりで

              positiveなエネルギーをもらえて

              嬉しい。今から楽しみにしてます。


              さて、福岡で熱い演劇公演を

              今日はご紹介します。



              走れメロス
              2013年6月7-9日@南市民センター



              建築家M
              2013年5月22-23日@大博多ホール





              サヴァリーナトロメイド
              2013年6月29-30日@ぽんプラザホール





              私が個人的に興味がある

              稲川淳二の怪談ナイト

              2013年10月4-6日@住吉神社能楽殿


              公演中、なんらかの怪奇現象が
              引き起こした不良の事故においては
              一切の責任を負わない....


              という注意書きがしてあるので、

              なおさら、行ってみたくなる 笑!




              夏の世ばなし13

              2013年7月5-6日@
              博多リバレインホール





              ここからは山がみえる
              2013年5月30-31,6月1日
              @konya gallery 紺屋2023 2F



              一週間のひきこもり短編集
              2013年5月20-26日@
              theater konya gallery



              大人も一緒に子どもたちの
              劇場シリーズ

              2013年7月20-21日@北九州芸術劇場



              流れんな
              2013年7月5-6日
              @ぽんプラザホール




              サブウェイ
              2013年7月26-28日
              @福岡アジア美術館あじびホール



              今年の初夏は、

              演劇をみてみませんか?











              | コンサート・ライブ告知 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              8月にむけて.....ダンス&ピアノ&アート制作
              0
                まだまだ先にはなりますが、

                今日は8月に予定しているイベントの

                打ち合わせに行ってきました。



                まだまだIDEA交換の段階ですが、

                今回はダンスとピアノ、そしてアート

                ペインティングをも合体させた企画

                となりそうです。


                コンテポラリーダンサーの

                友人、平山等子さんをお招きし

                私もライブペインティングを

                しながら、そのあとピアノも

                演奏していきます!



                今日はそんなチラシ作りのため、

                私が等子さんのしたたかな動きを写真

                におさめました。


                少しだけ、ご紹介します。

                等子さんは学生時代日本画専攻

                でしたので、デッサンも半端なく

                しびれます!








                これから二人のアイデアをより

                具体的に鮮明化していきたいので

                私も色々と熟考していきます。


                是非、お子さんにもきてほしい

                イベントになるので、

                乞うご期待ください。






                | コンサート・ライブ告知 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                NYCへ一人旅: piano recitalをしに.....
                0
                  今から韓国ソウル経由で、

                  NEW YORKに行ってきます〜!



                  明日12月5日は私の第二の故郷、

                  ニューヨークのlower east sideに

                  あるSpectrumというギャラリー


                  にて、20pmから

                  アメリカ現代曲をベースとした


                  ピアノリサイタルをします!!


                  もしNYにお住まいの方はお気軽に


                  どうぞ!




                  気をつけていってきま〜す!



                  飛行機の中でも楽譜を大量に


                  もってきたので、ピアノ練習する


                  つもり。やる気を出します!






                  | コンサート・ライブ告知 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  箱崎千年現代音楽祭 PART2
                  0
                    今夜から第三回箱崎千年現代音楽祭

                    がはじまりましたょ〜





                    冷泉荘B棟にて。



































                    ジョンケージ!

                    生誕100周年おめでとう!









                    | コンサート・ライブ告知 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    第三回箱崎千年現代音楽祭 in 福岡
                    0
                      いよいよ明日11月30日

                      18:00pmから中洲の冷泉荘にて

                      第三回箱崎音楽祭が始まります。


                      日本を代表する音楽評論家の

                      柿沼敏江さんのプレトークをはじめ

                      20pmからはケージの同時多発的な

                      コンサート、ミュージサーカスが

                      スタートし、私を含め

                      数々の音楽家の皆さんが

                      ケージの生誕100周年を祝い、

                      彼の作品を幅広く演奏いたします。


                      乞うご期待!


                      次の日は敬愛するピアニスト


                      高橋アキさんのケージのソナタ


                      コンサートもありますょ!


                      明日の演奏形態は特殊でして、

                      演奏がひとつひとつ、同時多発的に

                      折り重なっていきます。

                      11月30日 サーカスライブ
                      John Cage: Circus Live



                      演奏者:
                      ヒ?アノ: 光永誠
                      クラリネット: 棚町幸則 アコーテ?ィオン:木下隆也、やまく?ちまりこ 廃材楽器: 光永誠、岡崎峻、小野村頼子、ヘ?ヨンシ?ン ヒ?アノ、ハ?イオリン: 松村由佳
                      ヒ?アノ、トイヒ?アノ: Gumi Shibata

                      total length of performance: 90 min


                      02’>>>23’One1(piano:柴田)

                      08’>>>14’
                      Sonata for clarinet (クラリネット: 棚町)


                      15’>>>45’
                      Four6 (廃材: player-3)

                      17’>>>29’
                      One9:part-1 (アコーテ?ィオン:player-1)

                      23’>>>38’
                      Two Pieces for piano (piano:松村)

                      25’>>>38’
                      One9:part-4 (アコーテ?ィオン:player-2)

                      30’>>>41’
                      Four6 (廃材: player-1)

                      43’>>>54’

                      One9:part-2 (アコーテ?ィオン:player-1)

                      44’>>>57’
                      One9:part-7 (アコーテ?ィオン:player-2)


                      53’>>>83’
                      Four6 (廃材: player-4)


                      54’>>>61 (piano: Shibata)
                      Water Music

                      56’>>>86’
                      Four6 (廃材: player-2)

                      60’>>>77’
                      One6 (ハ?イオリン:松村)

                      64’>>>75’
                      One9:part-10 (アコーテ?ィオン:player-1)

                      74’>>>88’
                      One9:part-9 (アコーテ?ィオン:player-2)


                      80’>>>87’
                      Dream (piano: 松村)

                      82’>>>90’
                      Suite for Toy Piano (toy piano: Shibata)



                      合計90分の予定です!













                      | コンサート・ライブ告知 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |