CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ピアノ教室ナビ
有限会社コネック
MOBILE
qrcode
LINKS
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
PR

福岡市博多区バイリンガルピアノ教室

英語とピアノを習いませんか?
現在3歳から60歳まで幅広く教えています。
バイリンガルキッズ・初心者も大歓迎!
レッスン詳細はページ左下のgumiをクリックして
ご覧ください♪
bilingualpianostuiomaya@gmail.com

背に音霊を。
0


    さーて、山口にある

    山口情報芸術センター通称YCAMに

    あまちゃんの作曲家でも知られる

    大友良英さん率いる即興軍団を

    見にいってきました〜!

    行きと帰りで5時間ドライブ〜

    結構かかるのね〜

    この大友さんは昔、大学時代に私が

    初めて聴いた即興ジャンク系の

    CDの中の日本人即興先駆者の

    ひとりでして、いまとなっては

    映画音楽を作曲したりと

    The 時の人となっていますが

    もともとは、シンプルに

    マニアックな音好きフリークなの!



    あまちゃんのような愉快な音で

    彼はただ遊んでるだけ 笑

    良い意味で。


    いつもは若いアーティストたちを

    極力支援し、音そのものの素晴らしさを

    ひとりでも多くの人に知ってもらおう

    という、国際的なマルティアーティスト

    。彼の聴くジャンルは半端なく


    深く

    広い。




    そんな大友さん!

    今回はクラシックギターと

    エレキギターをリロリロ弾きながら

    館内をウロウロしてました。



    しかも、荷台にのせたアンプ

    とカメラマンらがゾロゾロと後ろから

    続くという大名行列のような光景。笑


    地味に面白い。


    彼が今回組んだコンビたちはみな、

    亜細亜諸国(ベトナム、中国、韓国、

    シンガポール、タイ...etc)から

    お呼びしてきた、これまた第二の音好き

    ピープス。観客の人々は何がライブだっ

    たのすら、理解し難そうだったけど、

    音楽というものはそもそも、

    そういうもの。

    何がなんだか掴めないもの

    実証なきもの。

    なんだよね。



    さぁ、国境なき音楽団。



    明日も明後日も奏で続けてくれ。


    その大切な音霊を。



    viva la musica!

    cheers!!




    さーて、さてさて

    楽譜作って、譜読みの山じゃーい!




    | | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    LISTEN TO KRUG
    0


      聴覚でも味わうアルコール!

      KRUG




      音楽を聴くことも

      お酒で酔いしれることも

      心で楽しむためにあるのかも。


      感性がなければ、

      人生なんて楽しくない。



      | | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      crippled symmetry
      0









        最近、BOCのニューアルバムを

        拝聴してからというもの

        「一定に引き詰められた柄」

        というものに非常に関心をそそられる

        ようになった。なんでだろう。



        至近距離からでは把握できない

        曖昧な形が一定の距離をおくと

        なにかが、みえてくる。

        まさに不思議な作用だ。














        世の中も謎に包まれているが

        それは見せかけかもしれない。

        必ずなるようになっている。







        懐かしの名作劇場@リバレイン!


        数十年ぶりにオズの魔法使いを

        鑑賞してきたら、そこから大切な

        ものを多々学んだ。

        登場人物の心がほしいブリキさんや

        知恵がほしいカカシくん。


        そして、いくまでも勇敢に望める

        勇気が欲しいライオン。


        知恵、心、勇気。


        この目に見えない3つを最終的に

        彼らは手にすることが出来なかったが

        それらはそこにもともとあった。

        身近なところに全ては揃っていて

        それが見えないだけなのだ。


        そんな哲学的なオズを見習って

        私も更に前進していかなければ

        ならない。



















        | | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        KRONOS QUARTETがAMON TOBINを〜
        0
          数年前、サンフランシスコのゲトーな

          劇場で鑑賞したカナダの電子音楽

          AMON TOBINのゲトーISAMという

          音楽とハイテクなビジュアルイメージ

          を合体させたスーパーライヴショー!


          彼のとある曲をかの有名なクロノス

          カルテットが演奏することに

          なったそうです。


          面白い〜!もっとPOPな電子音楽と

          少しシリアスなイメージのクラシック

          奏者たちのコラボを増やしたら

          ジャンルを超えた音楽をaudienceは

          もっと満喫していけると私も思います






          そーいえば、レッスン終わって

          昨夜は21:30までリハーサルでした〜










          だいちゃん先生作のユニークな

          アフリカンライク創作楽器も

          私、演奏します。








          これらの打楽器!

          ほんっとイイ音なんだわ〜

          昔の人は音を奏でるのでなく、

          音自体を作っていたんです。


          だから、耳も現代人より遥かに

          発達していたはず。聴くことの大切さ

          をGEPの子供たちにも知ってほしいな


          そういえば、日曜日は、

          ヴェルデ音楽コンクールに小学生の

          生徒ちゃんが参加しました。



          緊張はしたものの、(当たり前)

          大勢の人の前でスタインウェイを

          演奏出来たこと!


          素晴らしいです。

          コンクールに興味をお持ちの方は

          ドシドシ仰ってくださいね。


          この子は自分から自発的に出たいと

          いってくれたので、素晴らしいです。




















          こんなに可愛くくり抜かれた生徒

          ちゃんママ作のデザート!

          可愛いすぎるので、思わずパシャり!






          昨夜の遅ディナー

          手羽先のピリ辛煮作りました。





          | | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ガメラン般若心経
          0



            みなさん、ガメランという

            インドネシアに古く伝わる伝統楽器を

            ご存知ですか?








            一番大きく一番低い音色を出す

            ゴングは知っていましたが

            その周辺を司る諸々たちは見たことも

            ありませんでした。






            今回、アメリカの偉大なる亡き作曲家

            ルーハリソンの没10年ということで、


            晩年ガムランに興味を抱き、ガムラン


            のための作品もいくつか作曲している


            彼の曲を拝聴してきました。



            ルーハリソンが福岡で演奏される

            ことなど、ほぼ皆無に等しい.....


            胸を踊らせ行ってきました。


            驚いたことに....

            去年私のコンサートでも演奏しました

            藤枝守さんの植物文様19集からも1曲

            演奏されたのですが、鍵盤上での

            音のニュアンスと今回のガムラン

            メンバーたちのさまざまな実に曖昧な

            音を使った雰囲気が余りにも違いまし

            た。いゃ〜ガムランって超ステキ!



            アンニュイな繊細な音色が

            北欧の電子音楽のような

            小さな結晶的なニュアンスを醸し出し

            これは、たまらん、たまらんでした!





            そういえば、妹ちゃんが溺愛する

            ミュシャ展が今度は、広島の美術館に

            お邪魔しているようです。





            昨日は私の小学6年生の頑張りやさんの

            生徒ちゃんが無事に英検2級に合格

            しました。なんって喜ばしい〜!


            彼女は私が英語で質問しても大体

            のことはすべて理解してきました。


            努力あるのみですね。


            素晴らしい〜(*・∀-*)ノ


            レッスン終わったその足で

            お祝いもしてきましたよ〜


            HAPPY BIRTHDAY!






















            そういえば、気づいたら腎盂炎

            ほぼ完治したようです。


            ご心配頂き、どうもありがとう

            ございました〜




            メロンとお寿司のお陰かな。















            | | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            リハーサル@ENOTON WORKS
            0
              今日はみっちりレッスンして、

              そのあと夜から7月のダンスイベントの

              リハーサルin平尾でした〜


              やっと休息だ〜








              忙しいかったけど、

              楽しかった★





              VIVA MUSIC!
              | | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              河合拓始さんのリサイタル
              0



                私も数回聴いたことがあるのですが、

                東京からお引越しされてきた

                糸島在住の現代ピアニストである

                河合拓始さんのコンサートが

                1月25日に開催されるようです。


                私とは異なり日本の現代音楽も

                専門としており、以前、河合さんから

                トイピアノのCDも購入したのですが、

                繊細な雪の結晶のような音の群れ方に

                感動したのを覚えてます!


                そんな拓始さんの素敵な

                コンサートです!





                福岡という小さな土地の中で、

                現代音楽を演奏される数少ない

                アーティストなのでとても貴重です。

                ご興味おありの方は是非、

                足を運んでみてくださいネ(*≧m≦*) !



                そういえば、昨日はシーホークで

                土日、祝日15:00-17:30限定の

                あまおうブュッフェ食べ放題に

                行ってきました〜!

















                しかも、ミュシャのレプリカまで


                発見できたという......ニヤリ!



















                | | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                Francois Bayle
                0



                  ずっと聴いていると、私には北極熊のいびき。。

                  いや、むしろ地球全土の呼吸。

                  全てのものが同一で、一種の呼吸態に思えてくる。


                  Gumi Shibata









                  some vibrations can be linked to produce compositions of forces,

                  morphodynamic singularities beneath the threshold of the audible.


                  振動というものは勢力、つまり知覚の発端である形態学的な特異性を

                  作り出すきっかけとなる。







                   special intense type of sound results that attends carefully to the

                  nuances of the material--- its emotivity, its respiration, its texture,

                  the movement of its patterns.




                  特別、強烈な種類の音はマテリアル(物質)、

                  感情を引き立たせるものや、呼吸、雰囲気、パターン動き

                  そのもののニュアンスに明確に影響を及ぼす、つまり結果を伴わせる糧となるのだ。





                  this is the basis of the step by step, increasing richness of the short

                  compositions called ''rosaces''.



                  この作品はそんな要素を一歩一歩含ませていった、豊饒していく大地のような

                  ROSACESという短い作品である。














                  みゃおー!!

                  | | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  本来の平均律とは
                  0



                    久しぶりの読書タイム!




                    響きの考古学をサクッと読み終わり


                    色んな思いが漂ってきた。



                    平均律というのは英語でwell tempered

                    と表されるが、本来のテンパラメント

                    は調整する、だとか和らげる

                    という意味合いをもつ。


                    だが、その調整という意味合いが

                    チューニングと混同されるのも

                    しばしばである。


                    チューニングは著書によると

                    本来2つ以上の音をうなりのない

                    純正な音程にすることを指す。


                    しかし、今日では平均律に

                    本来の意味とは反した

                    チューニングそのものの行為が

                    混同し、

                    そこから構成された

                    うなりを含んだ音律のことを

                    さしてしまっているのだ。

                    うなりのない音程→チューニング

                    ちなみに平均律はうなりのある

                    音程で構成されている。



                    何かが明らかに矛盾している!




                    私が音響ノイズにはしるのも.....

                    段々その理由がみえてきた。










                    | | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    Gumi Shibata: Patterns of Plants 22nd Collection Pattern B
                    0
                       



                      Patterns of Plants 22nd Collection Pattern B (piano version)

                      ピアノヴァージョンもUPしました。お時間あれば、お聴きください。








                      広島にいる私のアメリカの恩師のお弟子さん(私の大先輩)から


                      感激のお電話が今日かかってきました。


                      ボストン時代のお話やその当時住んでいたところも御近所さんすぎて


                      びっくり〜!!!(最寄駅がBlookline Villageという場所でして!)


                      それで、あ〜だこ〜だ、盛り上がりました。




                      Stephenのお弟子さんは私以外みんな素晴らしいお方ばっかり!


                      音楽的にも人生的にも性格的にも圧倒されます。


                      素敵!!!







                      | | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |