CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ピアノ教室ナビ
有限会社コネック
MOBILE
qrcode
LINKS
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
PR

福岡市博多区バイリンガルピアノ教室

英語とピアノを習いませんか?
現在3歳から60歳まで幅広く教えています。
バイリンガルキッズ・初心者も大歓迎!
レッスン詳細はページ左下のgumiをクリックして
ご覧ください♪
bilingualpianostuiomaya@gmail.com

TDL!
0




































    TDL!

    | tokyo | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    東京弾丸trip 1
    0
       
      今朝は、10AMギリギリ

      あたふた、そそくさとホテルの朝食を済ませ、


      いざ出発〜


      201103201436000.jpg



      出かけるはもののまたお腹がすぐ減ってパクっと回転寿司りました。



      十分にエネルギー満タンになったところで訪問した先は・・・




      ジャン!



      201103201516000.jpg


      上野の森美術館です。



      そうそう、前にもご紹介した様に


      201103201516001.jpg


      VOCA展開催中です。


      結果から先に申し上げちゃいますが、


      本当っ、良かった〜〜〜!



      若手の作家たちの斬新な現代アート!!


      その背景は私たちを取り巻く現代社会をユニークかつ斬新な


      テクニックで描写され、心に響くものばかりで


      上手い、へたいとか・・・そんな表面的な次元ではありませんでした。



      「表現する」とは自分自身のすべてをさらけだすこと。


      数十人厳選された作家の中でも、特に最も印象に残った作家は


      花澤武夫さんと熊田海(うみ)さんでした。



      花澤さんの作品は故意に作り出された彼特有の「おもわせぶりではない」


      古い感じ、感覚が素敵でした。そして、小さな物語が絵に潜んでいるところ。


      淡くて優しい色合いも印象的でした。


      熊田さんの作風は、まるで現代のレオナルドダヴィンチのようでした。


      展示されていた作品は、「天と地」を思わせるような衝撃的で


      でも、その悲惨さの中にも独特な「美」が表現されていました。


      空から落ちてくる火の玉。その姿は遠くからみると、星空のようだった。


      こんな不思議な感覚にかられました。



      201103201651000.jpg



      201103201657001.jpg


      上野の早咲き、桜。



      201103201657000.jpg


      日本の美、枝垂れ桜。


      201103201722000.jpg



      明日は、待ちに待った

      ボストン時代のピアノの友人と連弾あわせです♪




      でもその前に行きたいところがいっぱい。


      アートな1日楽しみです☆









      110320_111424.jpg



      妹さん宅の我が子、トラさん。



      110320_111437.jpg



      ミャオ。



      おやすみなさぁ〜い。







      | tokyo | 00:21 | comments(0) | - | - | - |
      Spiritual Fantasy: still be young
      0



        merry go round




        alice in the wonderland




        pirates of Caribbean






        its a small world









        poo





        tea pot lady




        beauty and beast









        the castle









        sunset view from big thunder mountain




        瞑想 meditation


        想像 imagination


        創造 creation


        夢 dream


        希望 hope


        包容力 broad mindedness


        活力 vitality


        潜在力 potential


        可能性 capability






















        こういう力が生まれる場所。




        いくつになっても

        ディズニーランド。















        | tokyo | 20:58 | comments(0) | - | - | - |
        painting
        0



          moms painting class' teacher drew a beautiful piano


          for my English Piano poster!




          i respect her sensitive fairy tale-like style a lot.


          as same as music, painting is to express ones identity.


          However, different from music, it remains as visual. 


          thats what i think interesting about painting. 










           
          | tokyo | 22:50 | comments(0) | - | - | - |
          healed by ...
          0



            朝からこの自信満々な妹さんの猫。






            癒されます。








            | tokyo | 23:35 | comments(0) | - | - | - |
            tokyo day 2 気ままな旅 
            0
               

              went to studio to rehearse Nikolai Kapustin's piece for 4 hands 



              with my pianist friend from high school.



              今日はニコライカプースチンの2手連弾の曲をあわせてきました。



              カプースチンについてご存知ない方の為に♪




              ニコライ・カプースチンは、1937年、ウクライナ生まれ。
              ピアニスト。7歳でピアノを始め、14歳の時にモスクワに移り住む。
              モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事。

              在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を
              試みるようになったといいます。
              1961 年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、
              ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。

              1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを
              最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。
              多数の作品を生み出し続けています。


              ガーシュインよりかもコアなジャジー曲が魅力的なんです。


              ご興味がおありの方はYOUTUBEとかで聴いてみてください。







               



              リハのお部屋はこんなに素敵でした。



              after the rehearsal, headed to shibuya and somehow



              got into the cute restaurant with a french-like atomosphere!





              その後たまたま渋谷をブラついていたら、とあるレストランを発見。



              フレンチ風の外装といい、きゃ、素敵。



              私好みです!






              lovely isnt it?



              調べてみたら、ここでした。


              その名もガレットリア


              http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13045560/dtlrvwlst/514301/



              HP: http://www.many.co.jp/galettoria/#





              可愛いすぎて、行きも帰りも撮ってしまいました。


              はたから見たら異様な風景だったかも。


              というのも、目をキラキラさせて雨の中


              ひたすら、シャッターを切っていた私!


              世間の一般ピープルはさぞかし、違和感を覚えたはず!




              帰る前にいこっかな♪









              want to take a look from the other side too??



              反対側からもパシャり♪





              クレープとガレットやさんのようです。



              建築物もアート同様、大好きなgumiでした。







              ☆おまけショット☆




              meow


              東京時代に毎日会ってたミミちゃん(性別:男)とも

              再会を果たせました。







              | tokyo | 21:30 | comments(0) | - | - | - |